お知らせ

BlackBerryがサイランスを買収合併、AIおよびサイバーセキュリティの機能を統合

2018年11月16日

・次世代の機械学習がBlackBerryのテクノロジーポートフォリオ全体を補完
・BlackBerryの統合ソリューションが固定およびモバイルのエンドポイントを初めてインテリジェントに保護
・組み込み可能なAIテクノロジーがEoT向けプラットフォーム:BlackBerry Sparkの開発を加速

カナダ・オンタリオ州ウォータールーおよび米国カリフォルニア州アーバイン – 2018年11月16日 – BlackBerry Limited(NYSE:BB;TSX:BB)はカナダ時間11月16日、人工知能(AI)とサイバーセキュリティのリーダー企業であるサイランスを完全買収合併する正式契約を結んだことを発表しました。買収合併金額は現金で14億米ドルであり、未給付の従業員報奨の支払の引き受けも条件に含まれています。関係当局の承認を受け、その他の慣習的な買収合併条件を満たすことを前提に、この買収合併は、BlackBerryの現在の会計年度内(2019年2月末まで)には完了する見込みです。

BlackBerryの会長兼CEO(最高経営責任者)であるJohn Chenは、次のように述べています。「人工知能とサイバーセキュリティの分野を牽引してきたサイランスは、当社のポートフォリオ全体、とりわけUEMONXを直ちに補完してくれるでしょう。私たちは、サイランスのチームが加わり、新たな専門知識を組み合わせて活用できることを、大変喜ばしく思っています。当社は、プライバシー保護、安全なモビリティ、および組み込みシステムにおいて強みを発揮し高い信頼を得てきました。そこにサイランスの培ってきた技術が加わることで、BlackBerry Sparkは、「モノの企業(Enterprise of Things)」の実現になくてはならないプラットフォームになると確信しています。」

ガートナーの最新の「Internet of Things Backbone Survey(IoTバックボーン調査)」によると、IoTの成功を妨げる障壁の1位としてセキュリティ(35%)が挙げられており、プライバシーに関する懸念(25%)、潜在的なリスクと法的責任(25%)も上位5項目に入っています。

サイランスは、他社に先駆けて、人工知能、アルゴリズムサイエンス、機械学習をサイバーセキュリティソフトウェアに適用し、固定されたエンドポイントに対する既知および未知の脅威の予測および防御にきわめて有効であることを実証してきました。サイランスは急速な成長を遂げ、最先端で軽量なエージェントにより、市場のリーダーになりました。このエージェントは、エンドポイントに存在し、オンラインでもオフラインでも動作する上、機能するのに最小限のメモリと電力しか必要としません。2012年に創業したサイランスは、3,500社を超える企業のお客様(このうち20%余りがFortune 500の企業)と取引をしており、高い経常収益を上げています。

サイランスの共同創業者、会長兼CEO(最高経営責任者)であるStuart McClureは、次のように述べています。「当社のサイバーセキュリティ専門家の高いスキルと、市場での次世代エンドポイントソリューション分野におけるリーダーシップは、BlackBerryにおいてもいかんなく発揮され、当社のお客様、チーム、テクノロジーは、グローバルに事業を展開するBlackBerryにも直ちにメリットをもたらすことでしょう。当社では、BlackBerryのモビリティとセキュリティの強みを当社の高度なAIテクノロジーでも活かし、取り入れて、単一のプラットフォームとして提供したいと考えています。」

BlackBerry Sparkプラットフォーム
BlackBerry Sparkは、EoT向けのセキュアな次世代チップ-エッジ間コミュニケーションプラットフォームであり、任意のエンドポイント間で信頼できる接続を確立して利用します。超高度なセキュリティを実現し、業界固有の安全認証(自動車関係のISO 26262など)に準拠するよう設計されたBlackBerry Sparkは、アプリレベルのFIP検証済みAES256ビット暗号化などの、BlackBerryの広範にわたるテクノロジーポートフォリオを活用してデータを常に保護します。BlackBerry Sparkにより、ユーザーはさまざまな国の厳格な規制要件にも準拠できます。実際、BlackBerryは、iOSとAndroidの両方でコモンクライテリアEAL4+を達成している唯一のEoTプラットフォームプロバイダーであり、市場における最高レベルのセキュリティを実現しています。
BlackBerryは、想定されている買収合併の完了後、サイランスがBlackBerry Limited内の独立した部門として事業を継続する見込みであると述べています。

今回の買収合併および両社の詳細については、BlackBerry.com/Investorsをご覧ください。
Perella Weinberg Partners LPが専任の財務アドバイザーを、Morrison Foerster LLPがBlackBerry関連の法律アドバイザーを務めています。また、今回の買収合併に関しては、Morgan Stanley and Jones Dayがサイランスのアドバイザーを務めています。

BlackBerryについて

BlackBerry Limited(NYSE:BB;TSX:BB)は、エンドポイント間における信頼性、通信の安全性、そしてプライバシー保護を可能にするテクノロジーを提供することで、モノの企業(EoT)を実現します。1984年創業のBlackBerryは、カナダ・オンタリオ州ウォータールーに本社を置き、グローバルに事業を展開しています。詳細については、www.BlackBerry.comをご覧いただくか、@BlackBerryでフォローしてください。

サイランスについて

サイランスはAI(人工知能)を開発することによって、防御を前提とした予測的なセキュリティ製品と、スマートでシンプル、安全なソリューションを提供しています。これらの製品やソリューションは、エンドポイントセキュリティに対するアプローチを変革します。サイランスは、企業のすべての領域に対して予測的な脅威防御と可視性をもたらし、最も悪名高く、高度なサイバーセキュリティ攻撃に対処します。AIに基づくマルウェア防御、脅威ハンティング、自動化された検知と対処、およびエキスパートセキュリティサービスにより、サイランスは、スタッフの作業負荷やコストを増加させることなくエンドポイントを保護します。私たちはこれを「安全のサイエンス」と呼んでいます。詳細は、www.cylance.comをご覧ください。

本ニュースリリースの将来予測に関する記述は、1995年の米国私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」規定および該当するカナダの証券取引法に基づき記載されています。ここで使用された「見込む」、「予想する」、「予測する」、「可能性がある」、「予定である」、「はずである」、「つもりである」、「確信する」および同様の表現は、将来予測に関する記述を示すためのものです。このような将来予測に関する記述には、計画されたサイランスの買収合併に関する記述や、買収合併のタイミングおよび買収合併から生じるメリットに関する見込みも含まれます。将来予測に関する記述は、BlackBerry Limitedの経験と過去の傾向に対する見識、現在の状態、および予測される将来の開発とともに、BlackBerryが同社の状況において適切であると考えるその他の要因を考慮した上で、BlackBerryが予測し、仮定した事実に基づいています。BlackBerryの実績、パフォーマンス、または成果は、多くの要因により、将来予測に関する記述で表現、または意味された内容とは大きく異なる可能性があります。かかる要因には、計画された買収合併に必要な関係当局の承認をBlackBerryが得られない場合や、このような承認を有利な条件で得られない場合のリスク、計画された買収合併が必要な関係当局の承認を得るために遅延する場合のリスク、計画された買収合併を完了する条件が満たされない場合や、買収合併の契約が手続きの完了前に終了する場合のリスク、サイランスの事業の統合に関連するリスクなどを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form 40-Fの年次報告書(提出書類の写しは、www.sedar.comまたはwww.sec.govから入手可能)など、BlackBerryの年次情報様式の「リスク要因」のセクションに記載されています。このようなリスク要因は、注意深く検討する必要があり、BlackBerryの将来予測に関する記述を過度に信頼することのないよう、注意する必要があります。法律による定めがある場合を除き、新しい情報の結果や今後発生する事態を問わず、BlackBerryは、将来予測に関する記述を更新または改訂することはなく、その義務を一切負いません。

BlackBerryおよび関連する商標、名称、ロゴは、BlackBerry Limitedに帰属し、米国およびその他の国で登録および使用されます。その他の商標の所有権は各所有者に帰属します。BlackBerryは、いかなるサードパーティの製品またはサービスに対しても責任を負いません。

###
本件に関するメディアの皆様からの問い合わせ先:
BlackBerry
(519) 597-7273
mediarelations@BlackBerry.com

本件に関する投資家の皆様からの問い合わせ先:
BlackBerry
(519) 888-7465
investor_relations@BlackBerry.com