ランサムウェアの増加

ランサムウェア攻撃は、あらゆる業種の企業を襲っています。公共部門も例外ではありません。これには、連邦政府、州政府、地方自治体から水域、公益事業、警察まで含まれます。サイランスのコンサルティングサービスの侵害予防評価では、公共機関のセキュリティ態勢を評価してデータ侵害がすでに発生しているか、現在進行中かを判別します。いつ、どこで、どのようにセキュリティ侵害が発生したかを判別し、さらなる攻撃を防御するための戦術的な推奨事項を提供します。インシデント対応チームが、将来のリスクを軽減し、可能な限り速やかに業務が復旧するように支援します。

市民サービスの改善

政府機関では、ワイヤレス技術、モバイルハードウェア、およびカスタムアプリケーションへの投資をますます増やして業務を改善しています。市民の信頼を維持し、市民がセキュアに公共情報にアクセスできるようにするには、公共機関がセキュリティと信頼できる情報共有に対処することが不可欠です。サイランスのコンサルティングサービスは、将来に向けた政府機関構築をお手伝いできます。世界で認められたエキスパートで構成されるチームは、政府機関の情報は基本的に極秘であることを幅広い経験から理解しており、お客様と協力して政府機関のセキュリティ態勢を確認し、強化することができます。詳しくは、コンサルティングチームにお問い合わせください。

キルチェーンのあらゆるステップのためのソリューション

すべてのサイバー攻撃は、ほぼ同じ方法で計画・実行されており、「サイバーキルチェーン」として知られる高次のプロセスマップから外れるものはめったにありません。可変部分といえば、サイバー犯罪者が攻撃のさまざまなステージで消費するリソースの量だけです。サイバー攻撃の範囲のどこで問題が発生しても、サイランスは悪意のあるファイルを実行される前に阻止します。人工知能をツールやプロセスに直接適用することで、より効率的かつ効果的に、お客様の環境を保護することができます。サイランスのコンサルティングサービスが公共機関の脅威をゼロにするためのお手伝いをします。

コンサルティング 参考資料

政府機関 導入事例 (英語) off 政府機関 導入事例 (英語) on 政府機関 導入事例 (英語) 詳しくはこちら詳しくはこちら 侵害診断 (英語) off 侵害診断 (英語) on 侵害診断 (英語) 詳しくはこちら詳しくはこちら インシデント封じ込め (英語) off インシデント封じ込め (英語) on インシデント封じ込め (英語) 詳しくはこちら詳しくはこちら インシデント封じ込め・リテーナー (英語) off インシデント封じ込め・リテーナー (英語) on インシデント封じ込め・リテーナー (英語) 詳しくはこちら詳しくはこちら

サイランスのコンサルティングサービス

サイランスのコンサルティングサービスは、お客様が攻撃を受ける前に最適な施策を提供します。

  • ThreatZERO

    エンドポイントへの脅威が確実に排除されるという安心感を持って前進できる

    詳しくはこちら
  • 侵害診断・インシデント封じ込め

    セキュリティ侵害が発生したかどうかを判断し、インシデント封じ込めに対応

    詳しくはこちら
  • レッドチームサービス

    評価とソーシャルエンジニアリングを通じたリスクの判別、優先順位付け、および管理

    詳しくはこちら