プレスリリース

CylancePROTECT、WannaCryマルウェアを予測防御

Press + Media Contact

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

Cylance Japan株式会社

担当:三浦

電話:03−6386−0061

prjapan@cylance.com

2017年5月15日 - Cylance Japan株式会社

Cylance Japan株式会社(本社:東京都千代田区、社長:金城盛弘、以下 サイランス)は、サイランスのAIアンチウイルス「CylancePROTECT®」がWannaCryなど*1と呼ばれるランサムウェア攻撃をデータモデルにて予測防御できていたことを発表します。
(*1:WannaCry-WanaCrypt0r 2.0Wanna CryptorWannaCryptorWcry等とも呼ばれている)

2017年5月12日頃より世界中で WannaCryなどと呼ばれるマルウエアに関する被害が報じられています。すでにサポートが終了している Windows XP, Windows 8 に例外的にセキュリティ更新プログラムを公開しマルウェア対策ソフトの更新された定義ファイルを配布するなど感染や被害拡大の低減策が提供開始されています。しかし、多くの企業のIT環境は更新プログラムの適用が遅れており、サポート期限切れOSソフトウェア「Windows XP」が数多く残っている環境では亜種のマルウェアによる攻撃など今後の攻撃への対策も必要です。CylancPROTECTは、未知のマルウェアであっても実行前に予測・判断できるため、標的型の怪しいメールを開封してしまったとしても被害を未然に防げます。

ランサムウェアの実行をAI (人工知能) を活用して未然に防ぐCylancePROTECTは、更新された定義ファイルの導入は必要とせず、AIによって作成されたデータモデルに基づく判定によりこれまでに確認されているWannaCryの亜種を含むマルウェアサンプルを検知できています。既に製品を導入済みのお客様の環境は保護されています。

また被害拡大を防ぐための対処法として下記を推奨します。

  • WindowsXPWindows8を含む基本ソフトウェアの修正プログラムを適応
  • 危険なウェブサイトを開かない
  • 従業員に対するフィッシングメールや感染したバナー、スパムメール、ソーシャルエンジニアリングの攻撃についての教育

製品導入についてのお問い合わせは下記メールアドレスまでお願いします。

脅威リサーチチームは引き続きランサムウェアの新しいサンプルの調査を継続させ、CylancePROTECTがすべての攻撃を検知しブロックするように検証を行っていきます。

セミナー開催のお知らせ:
ランサムウェア「WannaCry」の解説とAIアンチウイルスCylancePROTECT®の有効性
~WannaCryはパンデミック前に検知することは可能だったのか?~

サイランスでは、国内でも被害が広がるWannaCryランサムウェアについてセミナーを6月1日(木)に開催いたします。
WannaCryの概要の説明、攻撃手法、感染被害事例などを解説します。また、同時に弊社サイランスのAIアンチウイルスを使って、実際のランサムウェアを検知する様子をデモンストレーションで紹介します。
他社では増殖する亜種に対抗すべく、継続的に定義ファイルを作成・配布していますが、それでは既知の脅威しか防げません。今の命題は「明日蔓延する脅威を防げるのか?」です。
果たしてCylancePROTECTはパンデミック前にWannaCryを検知できたのか?を検証します。是非奮ってご参加ください。

日時:2017年6月1日(木)14:00 開場、14:30~16:45
場所:東京コンファレンスセンター・品川 402N
〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 3F-5F
対象:エンドユーザ様、弊社製品を販売いただくパートナー企業様に幅広くご参加いただければ幸いです。なお、競合企業様に関しては、ご参加対象外とさせていただきます。

お申し込み方法: 以下のWebサイトよりお申し込みください
https://www.cylance.com/content/cylance/ja_jp/events/jp-wannacry-seminar.html

CylancePROTECT について

多数の受賞歴のあるCylancePROTECTは、Cylanceをエンドポイントセキュリティ市場におけるリーダー企業の地位に押し上げた同社の主力製品です。CylanceRの画期的なマルウェア識別機能の中核を成すのは、アルゴリズムサイエンスとAI(人工知能)のパワーを活用する革新的な機械学習リサーチプラットフォームで、ファイルごとに何百万もの特性を解析・分類し、DNAレベルまで分解して、そのオブジェクトが「良性」か「悪性」かをリアルタイムで判断します。詳しくは、下記Webサイトをご参照ください:https://www.cylance.com/content/cylance/ja_jp/products/our-products/protect.html

Cylance Inc.について】

サイランスは、人工知能(AI)、アルゴリズム技術、および機械学習をサイバーセキュリティに応用し、高度なセキュリティ問題を未然に解決することを可能にした初の企業です。CylancePROTECTRは、画期的な予測分析プロセスによって、安全か脅威かを迅速かつ正確に識別し、標的となったシステムで有害なコードが実行されるのを阻止します。洗練された機械学習とAIを攻撃者の心理に関する独自の見識と組み合わせ、高度な脅威に対して真の予測および防御が可能なテクノロジーとサービスを提供します。詳しくは、下記Webサイトをご参照ください:
https://www.cylance.com/jp

Cylanceのプレスリリースと最新ニュースは下記のWebサイトをご覧ください。
https://www.cylance.com/jp-company-news-press-releases
Cylance Japanのソーシャルメディア
Facebook:https://www.facebook.com/CylanceJapan/
Twitter:https://twitter.com/CylanceJapan

<本件に関する報道関係者からの問い合わせ先>

Cylance Japan PR事務局
合同会社NEXT PR(担当:有本、本間)
電話:03-4405-9537 
Email: cylance@next-pr.co.jp

CylanceR および CylancePROTECTR は、米国および諸外国における Cylance Inc. の登録商標または商標であり、その使用には事前の書面による許可が必要になる場合があります。その他の商標の所有権は各所有者に帰属します。