プレスリリース

IIJ、Cylanceとの関係を拡大してMSSPパートナーに

Press + Media Contact

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>

Cylance Japan株式会社

担当:三浦

電話:03−6386−0061

prjapan@cylance.com

IIJセキュアエンドポイントサービス向けに受賞歴のあるCylancePROTECT®を10月1日より提供し、国内企業のサイバー攻撃の予測防御を支援

2018年9月19日

AI(人工知能)を活用してAPTやマルウェア攻撃を未然に防ぎ、サイバーセキュリティに革新をもたらしているCylance® Inc.(以下、サイランス)は、本日、株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が企業ネットワーク内のパソコン、サーバといったエンドポイント端末におけるセキュリティ対策強化のため、Cylanceマネージド・セキュリティ・サービス・プロバイダ(以下、Cylance MSSP)パートナーとして契約を締結したことを発表しました。

大手・中堅企業や官公庁など1万社以上の顧客実績を有するIIJは10月1日より同社を信頼しセキュリティマネジメントを依頼する企業に対し、「アンチウイルス」をクラウド型で提供する「IIJセキュアエンドポイントサービス」向けにCylancePROTECT®を提供します。CylancePROTECTは、悪名高い高度なサイバー攻撃を実行前に予測防御をして、企業や組織に安心と信頼をもたらします。

IIJのセキュリティ本部長 齋藤衛氏は、「組織の脆弱なエンドポイントには強力な防御が必要です。成功する攻撃の件数を減らす事で、検知とレスポンスに対する人的リソースを減らすことが出来るようになります。IIJセキュアエンドポイントサービスは複数機能を実現するためのシステムの複雑さを解消し、信頼性の高いプロテクションですべてのエンドポイントを包括的に管理できます。」と述べています。

IIJセキュアエンドポイントサービスに含まれるのは、CylancePROTECTのクラウド提供、IIJ独自ダッシュボードに統合されたCylancePROTECT管理コンソールによる端末のセキュリティ状況の可視化、VPN機器を置かない閉域接続の実現です。

株式会社インターネットイニシアティブの多くのお客様に対し、実行前防御のセキュリティソリューションを提供できることを大変嬉しく思います。信頼と技術力に定評のある同社が提供する、マネージド・セキュリティ・サービスにおいて協業できることを楽しみにしています。

Cylance Japan株式会社
取締役社長
金城 盛弘

Cylance Inc.について

サイランスは、人工知能(AI)、アルゴリズム技術、および機械学習をサイバーセキュリティに応用し、高度なセキュリティ問題を未然に解決することを可能にした初の企業です。CylancePROTECT®は、画期的な予測分析プロセスによって、安全か脅威かを迅速かつ正確に識別し、標的となったシステムで有害なコードが実行されるのを阻止します。洗練された機械学習とAIを攻撃者の心理に関する独自の見識と組み合わせ、高度な脅威に対して真の予測および防御が可能なテクノロジーとサービスを提供します。詳しくは、下記Webサイトをご参照ください:
www.cylance.co.jp

サイランスのプレスリリースと最新ニュースは下記のWebサイトをご覧ください。
https://www.cylance.com/jp-company-news-press-releases
Cylance Japanのソーシャルメディア
Facebook:https://www.facebook.com/CylanceJapan/
Twitter:https://twitter.com/CylanceJapan

<本件に関する報道関係者からの問い合わせ先>

Cylance Japan PR事務局
合同会社NEXT PR(担当:有本、本間)
電話:03-4405-9537 
Email: cylance@next-pr.co.jp

Cylance® および CylancePROTECT® は、米国および諸外国における Cylance Inc. の登録商標または商標であり、その使用には事前の書面による許可が必要になる場合があります。その他の商標の所有権は各所有者に帰属します。